Q.高等専修学校とはどんな学校ですか?

A.文部科学省に認可された高等学校と同等・同格の学校です。
主に職業教育に力を入れている学校形態です。
詳しくはこちらをご覧ください。

Q.高卒の資格は取れますか?

A.高等学校ではないため、いわゆる『高卒』の資格を得ることはできませんが、本校を卒業しますと社会的に『高卒』と同じ扱いになります。
また、高校と同じようにハローワークの『高校新卒』枠で就職試験を受けることもできますし、大学受験(推薦枠は一部除く)も可能です。
公務員採用試験等を受験することもできます。

Q.生徒数はどのくらいいますか?

A.ひと学年2クラス(ひとクラス25名前後)の計6クラスで全校生徒数約160名です。
少人数の学校ですので、教職員全員がすべての生徒の顔や名前を覚えていますから、とてもアットホームな雰囲気です。

Q.あまり学校に行ってなかったのですが、大丈夫ですか?

A.はい、大丈夫です。本校の生徒の多くが、さまざまな事情を抱え、不登校を経験しています。
生徒さんの努力が一番ですが、学校でも早く学校になじめるよう、さまざまな形でサポートを行っています。
本校の取り組みについてはこちらをご覧ください。

Q.学費はどのくらいかかりますか?

A.学費が年間で44万円。諸費用が年間で約7万円。計51万円かかります。その他、1年生は入学金、修学旅行費等が別途かかります。
詳しくはこちらをご覧ください。

尚、本校のような高等専修学校も『私立高等学校等就学支援』の支給対象校となっております。また、その他奨学金や教育ローンを利用することも可能です。

詳細は、体験入学会やお電話等でもご説明しておりますので、遠慮なくお問合せください。

Q.校則や制服はありますか?

A.はい、あります。

3年後の就職試験や大学受験のためにはその場限りのごまかしは通用しないと考えています。茶髪やピアスはもちろんのこと、常日頃から清潔感のある制服着用を行うように指導しています。校則については、主に法律を遵守(じゅんしゅ)することを目的に定めています。

また、中学校の時に不登校だった生徒さんが多いので、いじめを許さないことをモットーに、周りの人への思いやりの心を持つよう指導しています。

Q.簿記や情報処理の授業がありますが、
ついていけるか心配です。

A.安心してください。簿記や情報処理などの授業はみんなゼロからのスタートです。まずは初級程度からスタートしますので大丈夫です。 もちろん、中級程度、上級程度と一人一人の能力に応じてどんどんステップアップすることも可能です。

Q.数学や普通教科が苦手です。
入試はもちろん、
入学してからの授業についていけるか心配です。

A.本校は掛け算や割り算など、基礎から学習し直します。少人数の学校ですから、一人一人のレベルに応じて放課後や休み時間等でも個別指導をし、生徒の不安を解消できるよう取り組んでいます。

入試も、基礎学力を問う問題が中心です。前年度の入試の過去問題も配布していますので、お問合せください。

PAGETOP